忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

【根室・釧路・遠軽】日本最東端の駅と釧路湿原を目指す道東の旅[3日目] 《道東/6》

道東の旅もあっという間で、もう最終日です。

※↑は前日に取れなかった宿泊先の外観です。
 ↓ホテル目の前の線路です。


2日目の疲れを生田原温泉で取り、今日は特急で一駅の遠軽へ。


予約しておいたオホーツク紋別空港までの無料バスに乗り遅れないように出発です。
このバスは遠軽駅から徒歩5分弱の場所からオホーツク紋別空港まで
事前予約することで無料で利用できるものです。
そのバス乗り場はこのあたり(コープのホテル側)です。※バス停を示す標識等はありません。


遠軽駅からオホーツク紋別空港まではそれなりの距離があるので
このバスは神様のような存在です。

バスに間に合うように生田原を出発し遠軽に移動したわけですが、
バスの出発までは小1時間くらいあります。※時期によって異なる可能性あり

飛行機の時間を考慮するとお昼ご飯を購入しておいた方がいい時間帯。
パンを買おう!と親友。
こだわって作られたパンが売られているお店が遠軽にあるということでそのお店へ行ってきました。
お店の名前は『中屋』。


バタークリームを使ったり、
ライ麦全粒粉を使ったパンがあったりと身体にいいこだわりをたくさんやっているお店です。


私はパンと銘菓を購入しました。
『中屋』のお店は駅から徒歩5分弱のところで、無料バス乗り場とは逆側です。



バス乗り場方面へ向かいつつ遠軽駅に少し立ち寄りました。
何するわけでもなくかつて名寄本線へと伸びていた方面を眺めていました。


無料バスにはバス停が無いので早めに予約時に聞いたバス乗り場へ。
私たちのほかにも何人か利用者がいました。

バスはオホーツク紋別空港までの間いくつか停まります。
その一つに中湧別の道の駅があります。
そこには名寄本線と湧別線の『中湧別駅』のホームや跨線など一部が残されています。
※画像はありません・・・

空港が近くなるとオホーツク海が見えてきました。
なお、その頃私のカメラは容量が足りなくなり悲鳴を上げていました・・・
※必死に重複している画像を消しました・・・ 

オホーツク紋別空港を納められる程度に何とかカメラの容量を回復させバスから下車。



到着の便が遅れていたこともあり ゆっくりとお土産を購入し、
そして遠軽で買ったパンを食しました。

オホーツク紋別空港は、羽田空港-オホーツク紋別空港の1日1便のみの空港です。
道内の便もないというのは正直驚きました。

しばらくして、その羽田からの飛行機が到着。
そして、その飛行機の折り返しに私は搭乗しました。

タラップでの搭乗に地方空港の可愛さを感じてしまいました。


また、手を振る整備員の方々には他の空港で感じるものとは違う何かを感じました。


オホーツク紋別空港を離陸すると、程なくオホーツク海を望むことができました。

緑の大地と青く広がるオホーツク海は雄大でした。

写真を撮りながらオホーツク紋別空港が
オホーツク海からとても近いことを改めて実感しました。

にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ


《参考》『オホーツク紋別空港』の場所


関連記事
【根室・釧路・遠軽】日本最東端の駅と釧路湿原を目指す道東の旅[1日目]《道東/1》
【根室・釧路・遠軽】日本最東端の駅と釧路湿原を目指す道東の旅[2日目:東根室駅編]《道東/2》
【根室・釧路・遠軽】日本最東端の駅と釧路湿原を目指す道東の旅[2日目:快速『はなさき』号編]《道東/3》
【根室・釧路・遠軽】日本最東端の駅と釧路湿原を目指す道東の旅[2日目:『くしろ湿原ノロッコ』号編]《道東/4》
【根室・釧路・遠軽】日本最東端の駅と釧路湿原を目指す道東の旅[2日目:塘路-網走-生田原編] 《道東/5》

拍手[2回]

PR