忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~2日目[音威子府→札幌編]~《道北/4》

道北の豊かな自然を車窓に揺られ、音威子府に到着。
途中どんな野生動物が出でてくるかわくわくしていたのですが、
エゾシカを遠くに見るのがやっとでした。

幌延では行き違いがありしばらく停車時間があったので、
車外へ出て跨線橋から遠方を眺めたり、写真を撮ったりいたしました。


幌延を出発し次に列車から降りるのは音威子府。
今回の旅の目玉の一つである黒いお蕎麦『音威子府そば』が待っています。

音威子府に到着するや否や駅そばの『常盤軒』さんへ。
どの蕎麦にするか迷いましたが、月見そばにしました。
  

黒い蕎麦の上には月見の名の通り、黄身が真ん丸く輝いていました。
味は私が普段食べている蕎麦よりは味がしっかりしていた印象でした。
味は全体的に濃いのかなと思いますが、玉子が入っていると調度いい塩梅に感じられました。

お蕎麦でお腹が満たされたあとは札幌へ行く列車を待ちました。
待ち時間は2時間超。
お蕎麦食べることしか考えていなかったので駅周辺は一切調べておりませんでした。

しかし、お蕎麦を食べながら気になっていたところがあったので先ずはそこに。
そこと言うのは、駅構内にある『天北線資料館』。
かつての音威子府駅の様子のジオラマや、過去に使われていた機器類が展示されていました。

資料館の見学を終えた後は、駅の外へ出て散歩がてら『道の駅おといねっぷ』へ。
音威子府駅には残念ながら駅スタンプは無かったのですが、
道の駅にはあったのでしっかり押してまいりました。

道の駅を出てからは徒歩で行ける範囲でぐるっとお散歩。
雪捨て場と思われるところにまだ残っている雪を見て、
冬はどんな状態になってしまうのだろうかと想像がつきませんでした。

お散歩を終えて駅に到着し、一休みしていると次の列車の改札が始まりました。
行き先の表示板は木製!


ちなみに、駅名標も木工でできています。


木のなんともいえない温かみが可愛らしく感じられました。

ホームにも汽車をかたどった木工品があったり、
ベンチも大きな木を加工したようなものがあったりと
林業がかなり盛んなのだなぁと言う印象を受けました。


まもなくして、特急『サロベツ』号が到着。


次に降りるのは、もう札幌。 ※現在は旭川止まりです。
道北を去る寂しさを感じながら特急に乗り込みました。




にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ

《参考》音威子府駅の場所


関連記事
【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~1日目~《道北/2》
【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~2日目[稚内→音威子府編]~《道北/3》




拍手[0回]

PR

【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~2日目[稚内→音威子府編]~《道北/3》

朝起きて窓の外を眺めると北の海を守る、稚内海上保安部所属の巡視船『もとうら』が。
北の海、国境を守る業務「ありがとうございます!」そんな気持ちになりました。

船から始まった朝ですが、この日は列車に乗っての移動。
途中音威子府でお蕎麦を頂くために途中下車し、最終的には札幌に向かいます。

稚内から音威子府までは普通列車にて移動。
音威子府から札幌までは特急『サロベツ』に乗車しました。
※現在サロベツは旭川までの運行とっています。

昨日は岬めぐりをメインにしたため駅を含めた鉄道関係のネタ収集はまだ。
ということで、宿を早めに出発し、日本最北端のあれこれをパシャパシャ納めました。

なお、日本最北端の踏み切りは列車に乗って通過することはできましたが、
この足でしっかりと歩いて見に行くことはできませんでした。

日本最北端の一つに線路があったのですが、


最南端の西大山は途中駅なのでこういった形にはなりませんが
稚内駅は終着駅なのでこういうことになるのだな!と感心してしまいました。

稚内駅はお土産屋さんも入った比較的大きな建物で
2012年に建替えられたばかりで新しいです建物です。

そんな稚内駅では記念切入場券と普通の入場券を購入した後、
お土産コーナーを見に行ったり、スタンプを押しに行ったり・・・

そんなこんなしていると可愛らしくも力強さを感じる車両が入線しました。


折り返して発車するまでにまだ時間があったので改札を済ませた後、
ホームにて『JR日本最北端の駅』の標などを記念にパシャパシャ納めました。


発車時間も近づき乗車し座席へ。

発車後まもなく日本最北端の踏切を通過し、 一路音威子府までの旅が始まりました。

特急とは違うローカル線のゆっくりとした時間の流れを感じながら
しばらくの間、車窓を眺めていました。





にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ

《参考》稚内駅の場所


関連記事
【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~1日目~《道北/2》
【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~2日目[音威子府→札幌編]~《道北/4》

拍手[0回]

【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~1日目~《道北/2》

2016年5月、念願の日本最北端の駅に行ってまいりました。
地方空港の雰囲気が好きなこともあり稚内入りは飛行機。
(日程の都合もありますが・・・)

羽田空港では初めて待合のロビーからバスで飛行機まで移動。
今から行く場所は凄い場所・・・そんな感覚を抱かずに入られませんでした。
ちょっとした特別感を感じながら
バスの乗車を経て、タラップを上り座席に着きました。


移動中機内では、コンソメスープを頂きまったりと。
窓側だとどうしても風景が気になってしまいまったりできない私ですが今回は通路側。
おかげさまでスープを飲んだあとはうとうととやや睡眠モードでした。

そして、気が付けば北海道の上空で。
ここからは強いわくわく感のせいか窓の方を覗いてました。

着陸が近くなったころ窓の外には雪を頂いた山が。
綺麗な形から〇〇富士に違いない!と思っていたら、
近くから『利尻島見えるね』の声が。
私は『あれが“利尻富士”なのか!』と納得しすっきりしました。


旅行したのは5月中旬でしたが、利尻富士はほとんどが雪に覆われていました。
それを見て、本当に北まで来たんだなぁと思わずにはいられませんでした。


稚内空港到着後はレンタカーで移動。
この旅で行ける範囲の最北に行きたい強い思いをもって宗谷岬へ行ってまいりました。

宗谷岬ではお昼がまだだったこともあり、まず間宮堂にてラーメンを。



ホタテの大きさにびっくり、これぞ北海道!と勝手に思いながら
やや冷えた身体に熱い塩ホタテラーメンを投入しました。


腹ごしらえをした後は、岬に戻り写真をパシャパシャと。
宗谷岬に立って海を見ながら左は日本海、右はオホーツク海だと思うと感慨深くなりました。
なお、このとき始めてオホーツク海を生で見ました。


宗谷岬を堪能した後はノシャップ岬へ。
ノシャップ岬からは利尻富士がとてもよく望むことができました。
利尻富士万歳!!


また、近くには比較的大きなお土産屋さんもあり、流氷まんじゅうも勿論置いてありました。

その後は夕暮れに近づくノシャップ岬をあとに
稚内駅近くの宿へと移動し、今旅の岬めぐりを終了。

宿では地元の幸・北海道の幸を堪能させていただき
お腹も心も大満足した後は、ぐっすりと眠りました。




にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ


《参考》宗谷岬の場所

《参考》ノシャップ岬の場所


関連記事
【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~2日目[稚内→音威子府編]~《道北/3》
【稚内・音威子府】日本最北端の駅と黒いお蕎麦を目指す道北の旅 ~2日目[音威子府→札幌編]~《道北/4》

拍手[0回]