忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【千葉・銚子】B.B.BASEで行く初まともライドの旅~B.B.BASE乗車記~《千葉県/2》

デビューから少し日が経ちましたが、 少し変わった列車のご紹介します。



今回乗ったのは『B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)』という列車です。
※旅行商品のみの販売です。(その日に行ったら乗れるものではないのでご注意を。)

どんな列車かと言うと、スポーツ用の自転車を畳まずに載せることが可能な列車です!
“畳まなくて乗せられる列車なんてよくある!”
と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
この列車は車内設備がスポーツ自転車用に特化しています。

自転車はこんな感じに置きます。


車輪がしっかり溝に入るので列車の揺れで落ちることはありません。
また、ベルトもついています。


足元を見ると床もゴムのような仕様になっているので、
ビンディングシューズでもカチカチしません。


座席は2人用と4人用のボックスがあります。



座席は自転車のラックの番号と同じ場所になります。
(正確には、座席番号のラックを使用する、ですね。)

机には飲み物を置くくぼみとコンセントがあります。


車内の他の設備は、4号車にフリースペースがあります。


片側に座席が設けられ、反対側にモニターがついていると言うシンプルな車両です。

トイレは2号車と4号車にあり、

※4号車トイレ付近の画像

4号車には洗面台が別に2つあります。


ここで注意なのは車内販売は一切ないことです。(2018.1.20時点)
乗車前にドリンクやお菓子など必要なものは買っておきましょう。
※アンケートには車内販売をして欲しい旨を書きました。
改善していただけたらと思っています。

車両についてはこんなところでしょうか。

ドアにこんなステッカーが貼ってあるのはこの列車ならではですね。



現地到着後は、初のまともライドです。
安全運転で楽しみたいと思います!


にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

拍手[2回]

PR

【松本・長野】乗り継いでぐるり日帰り信州の旅《長野/4》

新春のご挨拶の記事で触れたE353系の特急『スーパーあずさ』号に乗車し松本へ。

車内では気になっていたあずさ弁当を広げお腹を満たしました。

お値段はちょっぴり高めのこのお弁当ですが、
お弁当箱のつくりがいいこともありなるほどなと思いました。 お味はとっても良かったです!
信州の幸が使われているという前情報があり期待して正解でした!
お肉にお漬物・・・全て美味しかったです!

松本に着くと松本駅から徒歩10分ちょっとの位置にある『四柱神社』へ向かいました。
境内には『神道庵』というカフェがあり、温かいぜんざいを食しました。


この日の松本は積雪こそないものの、白いものがチラチラと舞っていました。

ぜんざいを食べ少し休むと松本へ気へ戻り、特急『ワイドビューしなの』号に乗車しました。


これから進む松本-長野間には日本三大車窓のひとつである姨捨『善光寺平と千曲川』があります。
どんなところかワクワクしながら席につきました。

長野までの道中、トンネルを抜けるたびに景色は白くなっていきました。

聖高原ではこんな感じ。


姨捨はこんな感じでした。


なお、以前に見た日本三大車窓の『えびの高原と霧島連山』はこんな感じです。
⇒≪【熊本・鹿児島・大分】3泊4日 観光列車の旅 ~3日目(続き)~《熊本県/2》

日本三大車窓は白いようです。

その後、篠ノ井駅でスカ色の115系とすれ違い、 


終点長野に着きました。


善光寺口は天井も高く提燈があり、和の雰囲気が感じられる造りになっています。

 

こちらは東口です。


長野では駅から歩いて直ぐの『らぁめんみそ屋』で早い夕食を済ませました。
『らぁめんみそ屋』は《鉄・リターンズ》のてつさんに紹介していただきました。


みそちゃぁしゅう麺をいただきました。
味噌の濃さがしつこくなかったのが私には合っていました。

らぁめんをぺろりと食べ終えた後は、北陸新幹線で岐路につきました。


長野県の中でも、松本と長野でこんなにも気候が違うとは思わずびっくりした旅でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

《参考》四柱神社の場所


関連記事
新春のご挨拶 ~新型あずさ号E353系乗車記~

拍手[5回]

新春のご挨拶 ~新型あずさ号E353系乗車記~

新年明けましておめでとうございます。

昨年は日本最東端の駅を訪問することができ、
鉄道に関わる日本一〇〇な場所を訪れるという『隠れ目標』の一つを達成することができました。

地味に達成している隠れ目標があるので、今年はそれらをまとめて行けたらと思います。

そんな、【まるたび】管理人りんご蜜蜂ですが、
本年も色んな旅の記録を掲載していけたらと思います。
本年もよろしくお願い申し上げます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ということで2018年の初投稿は2017/12/23にデビューした新型あずさ号E353系の乗車記です。


正面はこんな感じです。
スタイリッシュな印象を受けますね。


側面にも『E353』のロゴデザインがありました。
行き先表示はフルカラーで見やすいです。

座席に座って一番最初に目に入ったのはコンセント。

窓側通路側それぞれ前の座席についています。
窓側についているタイプは意外とプラグを挿すのにだいぶ屈まなければならず大変でしたが
この位置だと楽に挿すことができます。

目線を上に向けるとこれまた気になるものが。

常磐線の特急車両についてるアレと同じように見えます。
いつからこれが活用されるのかが気になります。

トイレについても少し。

左はオムツ換えのベッドです。
狭いスペースではありますが、無駄なく利用されて様々な設備がある印象です。

右のように姿見はありますが、スペースの都合で着替え台まではなかった記憶です。

トイレ付近の設備はこんな感じです。

乾燥設備まではありません。

色使いがカッコイイなと感じます。

他の設備では、荷物置き場がありました。

大きなキャリーケースなどはココに置けて便利ですね。

最後は、なぜか座席の全景です。
ヘッドレストが可動式です。

リクライニングや座席の回転方法はこれまでと同じです。

グリーン車はいつか乗車した際にご報告できたらと思います!

にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログへ



新年ということで新車のご紹介をさせていただきました。
今年も【まるたび】よろしくお願いいたします!

関連記事
【松本・長野】乗り継いでぐるり日帰り信州の旅《長野/4》

拍手[3回]