忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

【秋田・道南・青森】1泊2日 横手・竜飛海底の旅[1日目]《秋田県/3》

2013年9月下旬のお話です。
当初は友人と数人で日帰りで横手に旅行する計画だったのですが、
直前に日帰り旅行翌日分の『竜飛海底駅見学整理券』を手に入れることができ、
私はひとり1泊2日の旅行をしてまいりました。

横手へは、大曲まで秋田新幹線に乗車し、大曲から横手は奥羽本線での移動です。
東京-大曲間の秋田新幹線はスーパーこまち号(現在のこまち号)のグリーン車を利用しました。
 

旅行の計画を立て始めたときに《スパこまグリーン貯金》を開始し待ち望んでいた日でした。
当時はグリーン車では飲み物サービスがあり、
グリーン車マークのついたコップで提供されていました。

E5系のグリーン車を堪能した後は、
秋田へ向けて進行方向を変えて出発する新幹線を見送り



普通列車に乗り換えて横手へ。
広がる車窓を眺めながら程なくして横手駅に到着。



横手では、駅から程近い温泉《横手駅前ゆうゆうプラザ》 へ行き横手焼きそばを食しました。
横手焼きそばといえばココというお店を調べていなかったため、
温泉施設内の食事処にて横手焼きそばをお昼ご飯として食しました。



上に乗っている目玉焼きをどのタイミングでどのようにすればいいのかわからず、
私なりの食べ方ということで半熟の黄身を開放しそこにソースをかけ、
黄身とソースと麺を味わうような形で食しました。

温泉には食休みをした後、ゆったりと浸かってきました。
駅から徒歩5分弱にありながら天然温泉ということで
鉄道旅行の強い見方という距離でした。

 温泉ですっきりした後は、ひとまず大曲へ。
ここからは更に北上する私は別行動に。
友人らが乗る新幹線より1本早い新幹線に乗り盛岡経由新青森方面向かいました。

 

何を隠そうこの1本早い新幹線(厳密には特急ですが)が
当日中に函館まで乗り継いでいける最後の列車だったのです。

そして、この列車に乗らねば翌朝の竜飛海底駅へ行くための列車に乗れなかったのです。
新青森で少し走ったりなんだりありましたが、無事函館行きの最終に乗り継ぎ一路終点函館へ。

温泉ですっきりしたはずが、ややしっかり疲れてしまった状態で函館、そして宿に到着。

空いていたこともあってか一人だったのにツインルームでした。
(嬉しかったけどちょっと寂しくなったのはココだけの話)

これまで函館は泊まりはするが折り返し地点になってしまうことが多く
市場で新鮮な魚介を食べたことがなかった私。

今回は翌日朝、少なからず時間があることがわかっていたので
朝食は絶対市場へ行くと決めて就寝しました。





にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

《参考》横手駅前ゆうゆうプラザの場所


関連記事
【【秋田・道南】1泊2日 横手・竜飛海底の旅 [二日目~前編~] 《道南/7》
【秋田・道南】1泊2日 横手・竜飛海底の旅[2日目~後編~]《青森/4》

拍手[1回]

PR