忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

【愛媛・今治】海路で行く松山歴史とタオルにふれる旅[2日目]《愛媛県/2》

この日は今治市内を散策。



今治といえばタオル!
徒歩圏内でどこか行けるところはないか・・・と調べたところ
いまばりタオルブティック本店を発見。

行ってみると、タオルがたくさん!
遠目から見ると同じように見える白いタオルも多種多様。
タオルの一大産地ここにあり!!感じました。

タオルの値段ももちろん良いお値段するものもあり、
いつかはこんなタオルで・・・という思いに駆られました。

そんな私は小さなハンカチを購入しブティックを後にし
今治駅、そして、松山駅に向かいました。

まだまだ今治で見たいところはたくさんあります。
ゆったりとした時間と事前の調べをして次は伺います!

と決意表明をしたところで、次は松山。

松山へ戻ると、路面電車に乗車。
実は、坂の上の雲ミュージアムへ行くことが目的にあったので早速行ってきました。



と言いたいところなのですが、 その前に、『萬翠荘』を訪れました。
萬翠荘は恥ずかしながら存じてはおらず、
素敵な建物があるなぁ、と思い訪れました。



中へ入ってみると内装も素敵で美しく、
特にステンドグラスには興味をそそられました。

萬翠荘の散策後、坂の上の雲ミュージアムへ。
萬翠荘とは違い、こちらはとても近代的な建物でした。

ミュージアムで歴史の勉強を多かれ少なかれした後は道後温泉へ。
もちろんこれも目的の一つ。

道後温泉への道すがら、そろそろ帰りのフェリーの時間を気にするようになってきました。
道後温泉の出発時刻をフェリーの出航時刻から逆算。

慌てるような状態ではなかったですが、
お風呂でゆったりし過ぎてしまわないようにと時間を確認。



入湯するとゆったりというより芋洗い状態。
湯船が深いこともあり、普通の温泉の湯船ようにいかないというのもありますが
立った状態で入っても狭さを感じる印象でした。

しかし、温泉に入ると身体の悪いものが抜けたような気がしてすっきりしました。
すっきりしたところで、フェリー乗り場へ。 

松山市内からフェリー乗り場へ向かう高浜線の車窓からは
素敵な夕日を見ることができました。



行きは歩いたフェリー乗り場と駅間ですが、
帰りは高浜駅からフェリー乗り場まで連絡バスに乗り移動しました。

港を発ってしばらくするとうとうと・・・
睡魔にしっかりと負けて、心地よく船に揺られて帰りました。






にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

《参考》萬翠荘の場所


関連記事
【愛媛・今治】海路で行く松山歴史とタオルにふれる旅[1日目]

拍手[0回]

PR