忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

【群馬・水上】帰りはSLで!『カッコイイ』に触れる水上温泉の旅。[前編]《群馬県/1》

旅をしたのは2016年11月。

恥ずかしながら体調をすこぶる壊した状態での旅行だったことを記憶しています。
それが理由かどうか定かではないですが、納めた画像はほぼSLだけでした。

特に行きの列車については画像が1枚もなく見返してビックリしました。

そんな初めての水上旅行でしたが、
谷川岳を旅館の窓から眺めたときは『カッコイイ!』と魅入ってしまいました。


その後は、谷川だけを背にしながら、
みなかみ 道の駅 水紀行館』へ足を伸ばしました。
道の駅内には『水産学習館』という水族館があり、
せっかくなので覗いてきました。 久しぶりの水族館かつ淡水魚!ということで、
新鮮さを感じながら見て回りました。 ※画像はありません。

水産学習館をあとにし館内を巡っていると放送が流れてきました。
「まもなく、対岸にSLが参ります。どうぞご覧ください。」※うろ覚え

外に出てしばらくすると、「ぶぉーーー!!」という汽笛の音が聞こえ、
音のする方を見ると蒸気が遠くの方に確認できました。
いよいよSLが来るぞと思い、強いわくわく感がこみ上げてきました。

間も無くして黒い車体と白い煙が目に入ると『カッコイイ!!』と、
本日二回目のカッコイイを頂戴しました!


対岸のSLを見送りその後は、水上駅方面へ。
SLは折り返しの準備を、私は乗車の準備?をしました。

少しだけ駅の周辺を散策したいなと思い、踏切まで足を伸ばしてきました。


水上を過ぎると湯檜曽・土合と特徴のある駅が続くことを思い出し
ココは興味深い地域だなぁと一人感心していました。

踏切を折り返すと、SLが整備されている様子を見ることができる場所へ。
青い空と緑の山に囲まれながら、仕事をしている人はこれまた『カッコイイ!!!』姿でした。


今回のSLはC61でした。
D51かなと勝手に思っていたのでちょっと嬉しくなりました。




にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ



《参考》みなかみ 道の駅 水紀行館の場所



関連記事
【群馬・水上】帰りはSLで!『カッコイイ』に触れる水上温泉の旅。[後編]《群馬県/2》

拍手[1回]

PR