忍者ブログ

まるたび -旅する鉄子の備忘録-

全都道府県訪問・JR線完乗を目指しています。 きっぷやスタンプも興味の一つです!

【湯瀬温泉・大館・鷹ノ巣】大雪・運休を乗り越えた湯瀬温泉1泊2日の旅[1日目]《岩手県/1》

2014年12月、だいぶ遡ってのお話です。
東京駅開業100周年のその日だったような気がしなくもないです。

この日はタイトルの通り、目的としている地域は大雪により
運転が中止になるかどうかという厳しい状態でした。

どれくらい厳しい状況だったかというと、
前日の段階では『大雪で運休しているためこのエリア(厳密には花輪線)には行かないでください。』という状態でした。



そんなわけで、盛岡に着いて友と交わした第一声は
『帰るならここで帰るしかないよ?』でした。

この先、湯瀬温泉まで行き、ぐるっと秋田内陸を経て翌日帰られるかどうか・・・
保証がないエリアに行くための確認でした。

因みにネタばれも含め、旅程はこんな感じでした。



結論は『行ってしまおう!帰られるさ!晴れ女いるし!!』でした。

全くもって根拠はなく、強いて言うなら晴れ女がいることが根拠のような状態でした。
全く不安がないわけではありませんでしたが、行くと決めた湯瀬温泉。

温かい飲み物を駅構内で購入し、停車中のキハ112形に乗り込みました。

しばらく順調に運転していましたが、途中対向列車との行き違いで暫し停車。



松尾八幡平にて概ね20分程度停車しました。
松尾八幡平駅ではこんなものを見つけました。



くっきりと残った足跡につい、レンズが向きました。

対向列車が行き違うと、その後は何事もなく進み湯瀬温泉に到着。



日は落ちて暗くはなっていましたが雪は降っておらず、
徒歩数分の宿には雪が不慣れの私でも問題なく到着することができました。

宿に着いた後は、少し雪が舞いはじめた空を見上げながら雪見天然温泉に早速入りました。
芯まで温まった後は、お腹を満たすべく秋田の美味しいお肉を使ったお料理を頂戴。



『きてよかった!!』と話しつつも、明日の天気を気にする友と私。

気にしても数分もすると『気にしても仕方ない!』ということになり寝ることに。
『明日がこなければわからない!寝てしまおう!』 そんな勢いでした。

しかし、その晩は、吹雪の音、その風が窓を揺らす音がひどい状態でした。

明日を不安にさせる天候だったのは事実でした。

そんな夜でも、音が気になったのは寝付くまでの少しだけだったようで、
気が付けばぐっすり寝てしまった私でした。





にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ


《参考》湯瀬温泉駅の場所



関連記事
【湯瀬温泉・大館・鷹ノ巣】大雪・運休を乗り越えた湯瀬温泉1泊2日の旅[2日目]《秋田県/2》

拍手[0回]

PR